児童公園が設置されている霊園

現在、父が重い病気で入院生活を送っています。
そのためいつ必要になってもおかしくないと思い母や親族と相談の上、お墓を購入しました。
知識も全く無く何も分からないので、思い立ってから購入を済ませるまでにはかなりの時間がかかりました。

まずはインターネットで調べて、評判が悪くなく実家からも遠いというほどではない霊園に相談させていただくことにしたのです。
専門の方々ということもあって、尋ねたことはスラスラとお答え頂けてお墓選びもスムーズに進み、大変に助かったことを覚えています。

指定石材店制度というものがあるようで、石材店について自由に決めることは出来ませんでした。
利用した石材店は複雑な装飾や、真新しいデザインが苦手な場所でしたが、シンプルなものを求めていたため問題ありません。

あまり派手なものを好まない父なので、紀山石を使った和型墓石を作って頂きました。
値段はおおよそ70万円前後で、私一人では厳しい金額なので母や親族、家族で協力し合って購入しました。

児童公園が設置されている霊園

私の選んだ霊園には「児童公園」が設置されており、幼い子供を持つ家族にとっては嬉しいものでした。
子供にとってはものものしい雰囲気のある霊園は少し恐ろしく、不安を覚えてしまうものです。

そんな中で、こういった施設が用意されていると子供の緊張も解けますし、参拝する大人の気持ちも和らぎます。
可愛らしい遊具と、春には桜が咲いているおかげで、暗い思いを晴らしてくれるように感じました。

その他、同じような憩いの場として「休憩所」がいくつかあり、こちらも大変気に入っています。
軽い売店があり、飲み物やお菓子などが売られているので公園と同様、子供の気持ちを落ち着かせてくれます。
また、この休憩所には墓参用の供花販売コーナーもあるため、訪問前に供花がしおれてしまったり傷んでしまうこともありません。

墓参りに来る際は、是非ともこちらの施設を利用して少しでも心を落ち着かせていきたいと思っています。
霊園特有の寂しさや悲しさは感じさせない、素敵な施設です。

墓地清掃サービス

気に入っているといえば、何といっても墓地の清掃サービスはとても良いです。
遠くない霊園を選んだとはいえ、すぐにいつでも行ける距離というほどでもありません。
かといって、放ったらかしにして父に悲しい思いをさせるわけにもいきません。
母も老体ですから、私がついていかなければ骨の折れる清掃作業は出来ないでしょう。

墓地清掃サービスでは、専用部内の雑草除去とごみ掃除をして頂けます。
それだけでも嬉しいものですが、さらに巻石を拭いたり、花立や霊標板などの水洗いもしてくれます。
その際には、作業前後の写真を撮影して遺族へ清掃完了の報告があるので確認に行けなくても安心です。
もちろん安くはないサービスですが、所要時間や距離を考えると大変に助かるものです。

さらに、追加料金を支払えば専用部内の植木を剪定して頂くこともできます。
植木の剪定はなかなか自分では慣れていないので難しい作業です。
それらを代わりに済ませてくれるサービスの良さは大変気に入っています。

表情豊かな自然環境

霊園は山の中ですから、周囲の自然環境は充分すぎるほどに美しいです。
春は桜が、秋は紅葉が見られる場所に位置しており、非常に表情豊かな自然環境です。
霊園内にもそれらの自然は存在しているため、空気が澄んで気持ちよく過ごしていられます。
小高い山の上から見下ろす景色も、普段都会で暮らしている中では絶対に見られないようなもので、素敵です。

山の中ということで、周辺道路はやはり砂利道などの車を走らせにくい設備かと思っておりました。
しかし実際にはそんなことはなく、綺麗に整備された道路は非常に走りやすかったです。
道幅も車がすれ違うことの出来る広さで、運転に不安を覚えることもありません。
これなら、慣れない山道も安心だなと思ったことをよく覚えています。

さらに、霊園から少し進むとちょっと大き目の公園があります。
霊園内にも児童公園はありましたが、やはり大きな公園の方が遊具が充実しているので子供も飽きず、嬉しいポイントです。

インターネットや本でしっかり調べましょう

これから霊園を選ぶ方は、やはりまずインターネットや本でしっかり調べましょう。
その他、相談できる相手がいるのでしたら一人で悩まず、多くの人の意見を聞くことが大切です。
霊園を選び、そこにお墓を構えるというのはけしてお安いものではありません。
大きな出費となるので、後悔のないようきちんと満足のいく選択をしてください。
場合によっては、霊園選びの失敗から親族との関係が悪化してしまうこともあるでしょう。

もし、お墓に入る予定の方がまだご存命であるなら、本人に直接希望を伺うのも一つの手です。
本人が満足して選んだことであれば、家族も納得せざるを得ません。
ただし、本人が決めたからといってあまりにも自宅から遠い霊園は控えた方が良いです。
遠くて参拝が出来ず、結局ほとんど近寄らなくなってしまった、なんてことになっては元も子もありません。
霊園は出来るだけ通いやすく、自分や家族・親族の負担にならない場所で選ぶのをおすすめします。

相性の合わない霊園を選んでしまっては、それもやはり足が遠のく要因になり得ます。
一生に何度もする選択ではないだけに、適当ではなくきちんと決めることが重要です。

都心一等地に「ビル型納骨堂」続々 東京都が課税し波紋:朝日新聞デジタル