石材店が管理する花と緑に囲まれた霊園

母が亡くなり、生前に母とお友達が買っていた墓地にお墓を建てることになりました。

購入したのは平成23年12月で、出来上がったのは24年の3月のお彼岸中でした。2聖地でお墓の大きさは8寸でした。
石の種類は御影石で、お墓の大きさは8寸です。石は国内産や海外産があり、国内産は高かったのですが、勧められました。

石によっては、雨がしみ込んで変色したりするという事も聞き、これからずっと綺麗なお墓であってほしいので、お友達同様、国産の丈夫な石にしました。

形は和型角形で墓石と中台と芝台がついていて、もっともポピュラーな形にしました。色は黒っぽいグレーにと思いましたが、オシャレな母だったので、明るい白めの石にしました。
塔婆台や墓石提灯や墓誌等もありましたが、何もつけませんでした。滑り止めの石を墓石の前におき、玉砂利で敷き詰めたので綺麗でした。

値段は上の墓石が100万で芝台が35万で合計で135万円でした。塔婆台や墓石提灯や荷物台などを付けると値段はどんどん上がってしまうので、基本の形にしました。

石材店の方は常に墓地にいらして、購入の話もスムーズに進みました。播磨本御影石の採掘元で姫路にお店があります。JA全農兵庫指定されており、霊園管理霊園を多数おもちです。石の特徴として、「水を吸わない、変色しない、色彩が良く、光沢がある」と説明されてお墓を初めて買う私に、墓石の意味をよく教えてくれました。

霊園内に管理棟があり法事や休憩もできる

霊園内には管理棟があり、くつろげるスペースがあります。暑い日や寒い日などはしばし休憩できます。
大人しいワンコちゃんも外にいてのどかな良い空間を提供してくれます。

お墓購入の打ち合わせもここでしました。大きなテレビがあり、孫達も退屈せず遊んでいます。他のお参りの方も休憩されていて和気あいあいです。

法事の時には2階で法事後のお食事会ができます。建碑式、納骨式の時はこちらで食事をしました。お数珠や念数珠なども販売されていて、慌てて法事に忘れてしまった時に大変たすかりました。お花も用意されています。

時々無い時もあるので確認していった方がいいですし、前もって頼んでおくと用意してくれます。

管理棟の前には小さいテラスがあり、季節の良い時は外で休憩できます。自販機もあり、すぐ買えるのでお供えが足りないと思う時は買ってお供えする時もあります。

コーヒーが好きな母だったので、冬は暖かいコーヒーをあげれて重宝しました。
自分も暖かく。お手洗いも綺麗で大きな鏡がついて、法事等の時に涙でメイクが落ちても安心ですね。

石材店の方が霊園を管理している

墓地購入の時に永代使用料と管理料を納めれば、草などが伸び放題と言うことはありません。仕事が忙しくお墓参りできないときは半年ほど行けない時がありました。
しかも梅雨の時期も挟みきっと荒れているだろうなと思いましたが、雑草は少し生えていましたが、普段のお墓と変わりなかった事がありがたかったです。

公営墓地だとしばらくお墓参りに行かないと、雑草でぼうぼうでした。ケイトの種が飛んできたのか、背が高く伸びてお墓より高くなっていました。

いつもの管理をしてくれる、石材店の方がいつもニコニコして、お墓を回って働いておられます。マメなサービスがとても嬉しいです。
掃除道具も置いてくれているので忘れても大丈夫です。また、段差の無い霊園でバリアフリーです。階段がありません。平地一面にお墓が建っています。

ハイヒールでも履けると言うキャッチフレーズがありましたが、その通りです。高齢になり、杖を突き、車いすになっても、安心して行ける霊園だなと思います。お盆の時は提灯を飾ってくれます。有料ですがとても可愛です。

四季折々の花に囲まれた霊園

「花と緑のガーデニング霊園」がキャッチフレーズです。お墓の周りには四季おりおりの花が咲いています。桜、薔薇、コスモス、菊、可愛いお花に囲まれています。

「樹木葬・桜」と言う、形式にとらわれない霊園内に設ける樹木葬をしているようで初めて知りましたが、確かに花や緑に力を入れています。主人のお墓は公営墓地なので、どこを見てもお墓でいっぱいです。迫ってくるお墓の数に始めは驚いてしまいました。可愛いお花があるのが珍しくて気に入っています。

花や緑豊かな中で、母や母のお友達のお墓を掃除をして、花やお線香をあげて、母の好物を供えた後にお墓の前で一緒におにぎりや缶コーヒーを食べます。そんな気分になれるゆったりした、圧迫感の無い霊園でのどかなのです。目の先には山と空があり、平地に建っているから見晴らしがよく解放感があるのでしょうか。

桜は墓地に入る道から咲いています。送迎バスが出ているので利用しています。持参したお茶を飲みながら、桜、新緑、紅葉、柿等の四季の景色を見ながらドライブするのも楽しみの一つです。

IoTな「ガーデニング」をはじめよう

宗派や住まいを問わずに入れる民間の霊園

霊園は母が先に決めていました。
私はお墓を建てただけですが、もし自分で選ぶのであれば遠い所は避けたいと思います。また、近ければ毎日でも行けますが、近すぎてもご近所さんの目が気になる事もあると思います。

近郊の駅から送迎バスが出ていてふらっと行ける所がいいですね。車もない私なので、もっぱら送迎バスと娘の車を頼んでいます。
娘達もお墓参りを孫と楽しんでくれています。送迎バスには高齢の方もたくさん乗っていて、このバスで一月に一回乗る事を元気の糧にしているという方がおられました。送迎バスの本数は平日でも一日2回は欲しいと思います。

市営のバス停も近くにあるといいですね。交通手段が多い事も選択肢に入ります。自分で行けることが大事かもしれません。

宗派問わずとどこに住んでいても入れる民間霊園で、母と母の友達も隣どうしでお墓を建てられてこともすごく良かったと思っています。

民間の霊園は石材店が決まっていて、自分で選ぶ事はできませんでしたが、これから高齢になってできない事も増えてきたときに管理をしっかりしてくれる霊園は大きな力になり、後に続く人も助けてあげられると思いました。